男女問わず人気な施術【二重整形の相場価格をリサーチ】

理想の目を手に入れる方法

医者

様々な方法とその効果

二重になりたいと望む人は、実はたくさんいます。一重や、腫れぼったいまぶたなどに悩んでいる人は、ぜひ二重の整形手術を受けてみましょう。二重の整形手術は、美容専門クリニックで簡単に行うことが出来ます。プチ整形という言葉が流行したということもあり、整形に対する敷居は近年どんどん低くなってきており、メイク感覚で手術を受ける人も増えてきました。目に対するコンプレックスを抱えている場合は、臆さずにまずはカウンセリングを受けてみましょう。さて、手術の方法には様々なものがあります。例えば、一番の人気は、切らない手術と言われている、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法とは、その名の通り、まぶたにある皮膚を皮膚に埋没させる形で、ラインを作り出すという方法のことです。作り出したいラインを決めたら、その両端部分を特殊な糸で埋没させます。これだけで、簡単に理想のラインを作り出すことが出来ます。手術をしたことを周りにあまり知られたくない、まずは試してみたいという人におすすめです。また、とにかくパッチリハッキリした目にしたいという場合は、切開法がおすすめです。切開法は、メスを使って、直接まぶたに切り込みを入れるという方法です。メスを使うため、麻酔が必要になり、術後の腫れなどは埋没法と比べて長くなる可能性がありますが、より確実にパッチリ二重にすることが出来る方法です。また、目と目が離れて悩んでいる場合は、目頭切開法などもあります。目頭をメスで切開し、丸いパッチリ目を作り出し、さらに目と目の間隔も減らすという方法になります。このように、多くの方法があるのが、二重の整形手術の特徴と言えます。さて、ここで気になるのが費用ではないでしょうか。基本的に、二重の手術というのは美容目的ですので、保険が効かず実費になります。そのため、多少高額になることがあるということは覚えておきましょう。しかし、なかでも一番費用が安いのが、埋没法です。一番簡単な整形手術ですし、麻酔なども使わないため費用は安くなります。相場で、両目で10万程度が一般的です。切開法や目頭切開法などは、麻酔をかけて行うため、埋没法よりは高額になります。ただし、費用設定はクリニック独自の場合がほとんどですので、クリニックによって費用は大きく変わります。実績や評判、費用の面などから見て、自分に合う最適なクリニックを見つける、という作業もとても重要になります。また注意点ですが、埋没法の場合は、糸を使いますので、糸が何年かして取れてしまう、ということが起こる場合があります。そのような場合、保障期間の間であれば再度手術を受けることが可能ですので、保障期間などもしっかりチェックしておくと良いでしょう。逆に切開法や目頭切開法では、メスを使って切り込みを入れるので、一度施術を受けたら、効果は永久に続きます。後悔のないように、二重にしたいラインや仕上がり図をしっかりチェックして手術に臨む、ということが重要になります。目のコンプレックスで悩んでいる人は、気軽に整形手術にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。埋没法であれば、気に入らない場合糸を取って元通りにすることも可能です。二重の整形手術で、理想の目と、自分に対する自信を手にれましょう。

Back to Top